病院理念 アクセス スタッフ 外科 内科 パピークラス 求人情報

当院では予約診療を行っております。平日・土曜の最終受付を18:00までとさせて頂きます。診療をご希望の方は、事前にお電話にてご連絡下さいますようお願い致します。

診療の流れ 564897.jpg 1.jpg kasu.jpg 69.jpg 診療の流れ sha.jpg 875985.jpg 8eca905e3.jpg 8eca905e82s.jpg

膝蓋骨脱臼

心臓検診

前十字靭帯断裂

しつけ相談

骨折整復術

歯科

診療科のご紹介

豊玉病院:総合診療科、整形外科軟部外科問題行動科リハビリ、内視鏡科
春日町病院:総合診療科、循環器科軟部外科、内視鏡科
石神井病院:総合診療科、歯科整形外科軟部外科、リハビリ、内視鏡科、腫瘍科
※赤文字は特に力を入れている診療科です。

*総合診療科:こいぬ・こねこ科、内科、皮膚科、腎泌尿器科、腫瘍科、神経科、シニア科、ワクチン接種など
*軟部外科:避妊、去勢、消化器科、泌尿器科、腫瘍切除、耳道切除など
*整形外科:チタンプレート使用の骨折手術、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯損傷(TPLO・TTA)、関節鏡手術など
*各病院、大学病院や専門施設で研修経験のある獣医師、看護師がおりセカンドオピニオン(治療方針の見直し)にも対応しております。また、爪切り、耳掃除など処置のみのご利用も可能です。お気軽にご利用下さい。
*当院は練馬区、中野区、杉並区、新宿区、豊島区、北区、世田谷区、渋谷区ほか23区内、長野、群馬、埼玉、千葉、横浜にお住まいの方々からご来院頂いております。整形外科疾患などでご利用の際、紹介状がなくても診察させて頂きますが、遠方からお越しの際は、担当医不在日がございますので、必ず電話連絡のうえご来院下さい。

診療に関するお知らせ(豊玉病院)

10月1日・10月2日は、獣医師1人での対応となる為、緊急対応のみの予約診療とさせて頂きます。必ずお電話でご連絡の上、ご来院ください。なお、爪切り等の処置、ワクチンなどの予防の対応は出来かねますので、事前にお済ませください。
ご迷惑おかけしますがご理解ご協力の程、宜しくお願い致します。

休診のお知らせ

下記の日程は都合により休診とさせて頂きます。 診察をご希望の際は、下記までご連絡下さい。

春日町病院
 10/2(日)終日休診
石神井病院
 10/29(土)終日休診
 毎週月曜日 終日休診
 

豊玉病院  03-5912-1255
春日町病院 03-5971-3033
石神井病院 03-6904-7117
ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんが、ご理解の程宜しくお願い致します。

豊玉病院 パートさん募集

現在、豊玉病院でパートタイム勤務をしてくださる方を募集しております。
日曜・祝日に月一回以上勤務して頂ける方大歓迎。

【仕事内容】
受付・会計・診療の補助・掃除など
【時間】
平日・土:AM9:0012:30 PM16:0019:00
日・祝:AM9:0013:30
休憩時間は一時帰宅も可能です。
週3以上勤務して頂ける方。
【条件】
資格・経験不問、未経験者も歓迎。
パソコン操作および、保険対応のため簡単な電卓での計算をしていただきます。
専門的な知識はいりません。優しく丁寧な対応ができる方を求めています。
【給与】
時給制。詳しくは病院までお問い合わせください。
【応募方法】
履歴書を豊玉病院(176-0013 東京都練馬区豊玉中2-11-18)まで郵送ください。お送り頂きました内容をもとに書類選考を行います。通過された方には、追って面接の日程をご連絡します。
お問い合わせ:豊玉病院03-5912-1255

最新情報

会陰ヘルニア(2022/09/26)

会陰ヘルニアは、高齢の小型犬の未去勢雄によく認められる病気で、肛門周りの筋肉が萎縮して筋肉間に隙間を生じ、腹腔内臓器が肛門の脇のスペースに脱出してしまいます。症状として、肛門の脇が腫れ、排便がしづらいなどの障害がよく見られます。食事変更や便軟化剤などにより臨床症状は緩和されますが、根本的な解決には、手術による脱出臓器の整復、ヘルニア孔の閉鎖を必要とします。臓器脱出の状況によっては組織の壊死を起こすなど緊急を要する場合もありますので、お尻が腫れているや便が出づらいなどの症状に気づかれた場合はお早めにご相談ください。
獣医師 臼井

ボディコンディションスコア(BCS)(2022/09/23)

秋は"食欲の秋"とも言われていますが、ごはんやおやつの食べ過ぎは、ペットの肥満に繋がります。肥満は関節疾患や循環器疾患など様々な病気のリスクを高めるため、日頃から体型をチェックし肥満を予防することが大切です。ペットの適性体型を調べるために、「ボディコンディションスコア(BCS)」というものがあります。見た目(腰のくびれ具合)と触れた状態(肋骨の触知具合)から肥満度を判断し、体型を9段階で評価します。当院にはボディコンディションスコアのモデルを置いていますので、ご興味ある方は是非触ってお試しください。また、ボディコンディションスコアはあくまでも目安となりますので、ペットの体型のことでご不安な方はお気軽にご相談ください。
動物看護師 坂本

求人情報サイトリニューアルのお知らせ(2022/09/22)

この度、当院の求人情報サイトをリニューアルしました。
当院で勤務する獣医師や動物看護師のスタッフインタビューや教育プログラム、その他様々な情報を掲載しております。皆様のご応募をお待ちしております。

求人情報サイト
https://hondoah-recruit.com

動物看護師 浅見

犬猫の高血圧(2022/09/18)

犬猫にも高血圧症が存在します。犬では心臓病や腎臓病、クッシング症候群など、猫の場合は甲状腺機能亢進症や腎臓病が高血圧の原因となっていることがよくあります。またヒトと同様、高血圧の合併症として脳血管、心臓、腎臓、目などに障害を起こすことが知られています。突然の失明や夜鳴きの原因が高血圧であることも時折確認されます。犬・猫の血圧は動物専用の血圧計で計ることができます。「白衣高血圧」など1回の測定ではバラツキが大きいため数回(当院では5回以上)測定し平均値を利用します。中高齢以降では、定期健康診断の一項目としておすすめします。
※動物の性格によっては血圧測定の信頼度が低く利用できないこともあります。
獣医師 土肥

肛門腺絞りのタイミング

肛門腺とは肛門の左右2ヶ所にある袋状の分泌腺の事です。肛門腺に分泌物が溜まりすぎると破裂してしまう恐れがあります。そのため定期的に絞る事が必要です。
・お尻をこすって歩く
・お尻を気にしてなめる
・お尻のにおいがきつい

などの症状が見られた場合は肛門腺が溜まっている可能性があります。月に12回は肛門腺絞りを行いましょう。
動物看護師 上條

社内木鶏会(2022/09/15)

人間力を高めるための第三十五回社内木鶏会を開催いたしました。今回は【実行するは我にあり】をテーマに、各分野で活躍されている方々の経験や価値観を学び感想を語り合いました。目標を明確にして実行していくことの重要性に加え、目標を達成していくことでさらなる向上のモチベーションとしていくという、前向きな心持をスタッフ皆で共有することが出来ました。一度やろうと決心したことは必ずやり通し、自分に妥協せず実行を重ね、社会に貢献出来るよう努めて参ります。
獣医師 白石

接遇セミナー(2022/09/14)

JAHA家庭犬しつけインストラクターやコミュニケーションセミナー講師としてもご活躍されている、羽金道代先生をお招きし、動物病院での接遇に関するセミナーを開催致しました。今回は6月に開催した基礎編に引き続き、応用編として全社員が出席し、より実践的な医療接遇に関するお話しを頂きました。セミナーでは、患者様に寄り添った獣医療を提供していくには日常出会う様々な場面において、どういった言葉を添えたり、どのようで心持ちで応対を行なっていくのがふさわしいのか、具体的なシチュエーションを想定して学んだ上、ロールプレイングを行いました。今回ご教授頂いたことを意識して普段の仕事に活かし、皆様に安心してご来院頂けるよう精進して参ります。
動物看護師 浅見

子宮蓄膿症(2022/09/12)

子宮蓄膿症は、細菌感染により子宮内に膿(うみ)が溜まってしまう病気です。避妊していない中~高齢犬で、発情後1-3ヶ月のタイミングで起こりやすい傾向があります。症状として、多飲多尿、陰部からの排膿、食欲不振、嘔吐、下痢などがみられます。重症化すると敗血症などを併発し、命に関わる緊急疾患です。治療として、外科的に卵巣・子宮を摘出することが一番に選択されます。犬の発情は、一般的に6〜10ヶ月の間隔で訪れます。おうちのわんちゃんに変わった様子がみられた時はすぐにお知らせください。
獣医師 清藤

わんちゃんの首輪について(2022/09/09)

首輪にはリードと併用する事で脱走防止や行動の制御になったり、鑑札や迷子札をつける事で災害や迷子など万一の時に手がかりとなるなど重要な役割があります。首輪が外れないようにする為には、サイズに合うものをつける必要があります。

①サイズは、愛犬の首と首輪の間に指が2本入り、かつリードを引っ張っても抜けないように調節しましょう。
②首輪は愛犬の体の成長や素材の伸縮などでサイズが変わってくるので、こまめに首輪のサイズをチェックしましょう。
③首輪には様々な素材や種類があります。例えば革製のベルトタイプは耐久性に優れているため、特に中型犬以上にオススメです。また子犬のうちは簡単に着脱でき、調整もしやすいナイロン製のバックルタイプがオススメです。

首輪を選ぶ際は愛犬の体に合い、飼い主様も使いやすいものにしましょう。首輪等で分からない事がありましたら、お気軽にお声掛け下さい。
動物看護師 内山

肢端せつ症(2022/09/06)

単一または複数の趾間に赤みのある結節(腫れ)や水疱が認められる疾患で、痛みや痒みを伴います。細菌などが二次的に感染することも多く、血液性や膿性の滲出物が認められることもあります。自然に消退したり、悪化と良化を繰り返したり、慢性化したりと様々な経過を辿ります。治療については、まずは初発原因(アレルギー、外傷、湿潤・汚染環境など)を明らかにして改善することが重要です。病変の状態により、抗生剤やステロイド剤を使用したり、外科的な処置を行うこともあります。悪化を防ぐためにも、気になる症状がありましたらお早めにご相談下さい。
獣医師 池田

ライフステージに合わせた食事(2022/09/02)

わんちゃんねこちゃんはライフステージによって必要な栄養バランスが異なります。
<1歳頃までの成長期>
→体の成長の為に多くの栄養素が含まれた食事
<1-7歳の維持期>
→適切な体重・筋肉を維持するための食事
<7歳以上の高齢期>
→年齢による代謝の低下、腎臓病や心臓病に配慮した食事

ライフステージに合わせた食事を与えることで、生涯を通じて健康を維持することの手助けになります。ご希望の方には、ご自宅のわんちゃんねこちゃんに適切なフードをご紹介致しますので、お気軽にご相談下さい。
動物看護師 利根川

第三十四回社内木鶏会(2022/08/31)

先日、人間力を高めるための第三十四回社内木鶏会を開催いたしました。今回は【覚悟を決める】をテーマに、著名人たちの仕事に臨む姿勢や人生観を学び感想を語り合いました。スタッフの発表からは、仕事に対する責任を全うすることの大切さを再確認するとともに、目標の達成に向かって真摯に取り組む姿勢が感じられました。これからも各スタッフが覚悟と責任を持って仕事に臨み、より良い動物医療を提供するべく精進してまいります。
動物看護師 杉田

多飲多尿(2022/08/30)

多飲多尿とは、一日の飲水量と尿量が正常よりも多いことを指します。一般的に、一日の飲水量が犬で100ml/kg、猫で50ml/kgを超えると多飲、尿量が50ml/kgを超えると多尿と判断します。多飲多尿は、慢性腎臓病などの内臓疾患や、糖尿病、副腎皮質機能亢進症などの内分泌疾患の他、全身性の感染症、中枢性疾患など、様々な病気の症状として現れます。普段からご自宅でのわんちゃん、ねこちゃんの飲水量・尿量をチェックしていきましょう。
獣医師 白石

共有ミーティング(2022/08/25)

本日は3病院の獣医師と動物看護師を集めて、オンライン上で月に一度の共有ミーティングを行いました。共有ミーティングでは患者様の情報や院内での問題点を共有し、より良い動物病院につながるよう努めています。今回は、情報共有や院内環境改善の取り組みについて話し合いを行いました。今後もご家族に寄り添った動物医療を提供できるよう日々精進してまいります。
動物看護師 杉田

う蝕(虫歯)(2022/08/22)

う蝕は犬では稀な病気です。犬は人と異なり、咬合面を持つ歯が少ない、唾液のアミラーゼが少ない、口腔内が弱アルカリ性の環境下であるなどの理由から、虫歯菌が生育出来にくいためう蝕が少ないと考えられています。しかしながら炭水化物を中心に、人の食べ物を与えられる機会が多い犬は発生しやすいと言われています。その多くが上顎の後臼歯の咬合面に発生します。う蝕が進行し歯髄内に及ぶと強い痛みが発生します。奥歯の上の部分が黒ずんでいる、凹んでいるなどの異常に気づきましたら、お早めにご相談ください。
獣医師 臼井

保湿クリーム(2022/08/20)

わんちゃん、ねこちゃんの鼻や肉球がカサカサしていることはありませんか?
当院には、乾燥部分に使用できる保湿クリームのご用意があります。

クリームの特徴として
・高い保湿性
・オーガニック認定の原料使用のため、舐めても安心(大豆アレルギーの子はお控え下さい)
・鼻や肉球だけでなく、硬くなった肘へ使用も可能
・熱いアスファルトから肉球を保護する
などがあります。

使用する際は、1日1〜3回マッサージするように塗り込んであげましょう。大きいサイズとお試しサイズをご用意しております。ご興味のある方はお気軽にご相談下さい。
動物看護師 町田

『石神井病院』日曜診療のお知らせ(2022/08/19)

8月より当面の間、石神井病院は日曜午後の診療を行います。
日曜日の診療時間:9時〜13時 / 16時〜18時

※但し、緊急手術や急患の対応により、午後の診療時間は変更または休診の可能性がございます。必ずお電話でご予約の上、ご来院下さい。

犬のアトピー(2022/08/16)

昨今、犬アトピー性皮膚炎が増加傾向にあります。とくに温度・湿度の高い夏は、痒みをはじめとした皮膚トラブルで来院される患者さんが増加します。そんな中、獣医療も日々進化しており、十数年前までアトピー・アレルギーの治療薬はステロイド剤ほぼ一択でしたが、現在は新たな治療選択肢が広がっています。


●ステロイド剤(外用薬、内服薬)            
●シクロスポリン製剤
●JAK阻害剤(アポキル錠)
●抗体医薬(サイトポイント)
●犬インターフェロンγ

などを症状や皮膚状態に応じ上手に使い分け、副作用の心配を最小限に、痒みを我慢しない快適な毎日を送りましょう。痒みでお困りの方はぜひご相談ください。
獣医師 土肥

おやつの量(2022/08/12)

おやつはコミュニケーションやしつけのツールとして有用です。しかし、過剰に与えすぎると肥満や栄養バランスを崩す原因となります。基本は「総合栄養食」のフードを主体に与え、おやつを与えた分を1日の食事量から減らしましょう。おやつを与える場合は1日の食事量の10~20%以内に抑えましょう。これを機におやつの量を見直してみてはいかがでしょうか。
動物看護師 田中

猫風邪(猫の上部気道感染症)(2022/08/08)

猫風邪とはウイルス・細菌の感染を原因とした呼吸器系の病気の総称です。症状は鼻水やくしゃみ、咳、発熱などの風邪症状が一般的ですが、重症化すると命に関わることもあります。野良猫の赤ちゃんを保護した場合や外に出る機会がある猫ではウイルスを保有していることが多く、ストレスなどで免疫が落ちた際に発症します。猫風邪は定期的なワクチン接種により感染リスクを大幅に減らし、発症しても軽症に留めることができます。そのため子猫のころからしっかりと接種をすることが大切です。
獣医師 清藤

ブラッシング(2022/08/05)

ワンちゃんネコちゃんの日常のお手入れの1つに、ブラッシングがあります。ブラッシングには、抜け毛を除去し、毛玉を予防する目的の他に、マッサージ効果や皮膚疾患の早期発見に繋がるというメリットがあります。また、ネコにおいては毛球症(毛繕いにより自分の毛を飲み込むことで、胃腸内に毛玉が生じ、消化器症状などを引き起こす疾患)の予防にもなります。始めに逆毛を立てるようにブラシをかけた後毛並みに沿ってかけることで、効果的に抜け毛を取り除くことができます。是非、健康の為にも継続的にブラッシングをしてあげましょう。
動物看護師 佐藤

症例報告(2022/08/02)

外科の骨折整復のページに、7ヶ月齢犬の脛腓骨骨折整復を行った症例を追加致しました。本症例は、外傷(落下)により、右脛骨近位の成長板骨折が生じました。成長板骨折は、骨折のタイプに基づき、5種類に分類がされています(Salter-Harris分類)。
治療の際は、成長板に影響を与えて骨の成長を阻害するような整復方法は避ける必要があります。今回は、ピンニングを主体とした治療を実施しています。固定器具は、骨が癒合したタイミングで取り除いていきます。
獣医師 池田

マイクロチップ(2022/07/29)

今年の6月からブリーダーやペットショップなどで販売される犬と猫のマイクロチップ装着が義務化されました。現在すでに飼われている犬、猫に関しては「努力義務」となり、装着されているのが好ましいとされています。迷子や災害時に飼い主と離れてしまっても、マイクロチップを専用の機械で読み取り、データベースの情報と照合することで飼い主の元に戻ってくる可能性が高くなります。当院でもマイクロチップの装着が可能ですので、ご希望の方はスタッフまでお声掛けください。
動物看護師 浅見

蛋白漏出性腸症(2022/07/25)

蛋白漏出性腸症とは、腸から蛋白が漏れ出てしまうことで血中の蛋白が減少し、低蛋白血症を引き起こす病気の総称です。犬では腫瘍や消化管の炎症など様々な疾患が原因となりますが、猫ではまれです。嘔吐や下痢、食欲不振などの典型的な消化器症状を呈する場合もありますが、消化器症状を認めず、胸水や腹水の貯留、末端の浮腫のみが認められることもあります。血液検査や臨床症状から仮診断をしていきますが、確定診断には消化管の内視鏡検査(病理検査)が必要です。治療には内服薬の他、食事療法が重要です。重症な場合、命に関わることもありますので、気になる症状がございましたらお早めにご来院ください。
獣医師 白石

爪切り(2022/07/21)

爪を切らずに長いまま放置してしまうと、思わぬところで怪我をしてしまうことがあります。爪が折れて出血をする、または伸びた爪が肉球に食い込む事があります。この場合、痛みが発生し治療が必要になることがあるため、定期的な爪切りが必要です。当院では月に1度の爪切りをお勧めしております。病院で爪切りを行うこともできますので、ご自宅で難しい場合はお気軽にご相談下さい。
動物看護師 本多

潜在精巣(2022/07/20)

犬の精巣は出生時には腹腔内に存在し、精巣の陰嚢内への下降が完了するのはおよそ生後30日と言われています。ところが片側または両側の精巣が陰嚢内に下降しないで、腹腔内または鼠径部(内股の部分)に残ってしまうことを潜在精巣といいます。潜在精巣は腫瘍化しやすいことが言われており、正常と比較し13倍程度なりやすいというデータもあります。写真のように潜在清掃が腫瘍化し、分泌するホルモンが過剰になり、皮毛が薄くなったり乳頭が腫れることもありますが、多くは腫瘍化した精巣の摘出によって元に戻ります。精巣の腫瘍は悪性の場合もあり、潜在精巣は早期の去勢手術が薦められます。気になる方はスタッフまでご相談ください。
獣医師 臼井

第三十三回社内木鶏会(2022/07/14)

先日、人間力を高めるための第三十三回社内木鶏会を開催いたしました。今回は【これでいいのか】をテーマに、著名人たちの仕事観や人生観を学び感想を語り合いました。スタッフの発表からは、自分を表現したり思考をまとめるための語彙や、仕事を全うする努力の大切さを再確認することができました。物事の本質を見抜く見識を養い、その場その場で周囲に貢献できる人材になるべく精進してまいります。
動物看護師 鶴巻


過去の最新情報は、コチラから。

今月のキャンペーン

秋の健康診断キャンペーン


わんちゃん・ねこちゃんは1年で約4~5歳、歳を重ねていきます。当院では1年に1回、7歳以上の子であれば1年に2回の健康診断をおすすめしております。
9月〜11月は健康診断のキャンペーンを行います。この機会に病気の早期発見・早期治療、また病気の予防について考えてみませんか?
コースは3つのコースをご用意しました。
詳しくはスタッフまでお問合せ下さい。

新型コロナ感染症対策

ご来院の皆様へ重要なお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対策として、現在当院では以下のように対策を行なっております。
ご不便をお掛けしますが、感染拡大の防止ならびに安全な診療を継続する為、ご理解ご協力の程、よろしくお願い致します。
当院の感染症対策詳細はコチラをご覧ください。そして、診療の流れを説明するため、コチラのページをご用意しました。ペットに関する新型コロナウイルスの情報については、コチラをご覧ください。


■ご来院される皆様へ
予約診療の実施
当面の間、予約診療とさせて頂き、平日・土曜の最終診療受付を18:00までとさせて頂きます。診療をご希望の方は、事前にお電話にてご連絡下さいますようお願い致します。救急対応や慢性疾患での通院が必要な患者様を優先させて頂きます。爪切りやシャンプーなどの急を要さない用件でのご利用はしばらくの間お控えください。また、多くの方との接触を避けるために、ひと家族につき、患者動物の状況がわかる方おひとりでのご来院にご協力をお願い致します。

ご来院される皆様へのお願い
発熱や咳などの症状が見られましたら、来院をお控えください。また症状が認められない方であっても、院内ではマスクの着用をお願い致します。


■院内での感染予防対策
院内の感染予防対策として、以下のことを実施しております。

①手洗いの励行・消毒の徹底
当院スタッフは、手洗い・消毒の頻回の実施を徹底しております。

②マスクの着用
ご来院される皆様の健康と安全ならびに公衆衛生を考慮し、当院スタッフは全員マスクを着用しております。

③アルコール・次亜塩素酸水での各所の消毒
アルコール・次亜塩素酸水を用いて、正面入り口の自動ドア、受付台、待合室、診察室などの消毒を定期的に実施しております。

④次亜塩素酸空間除菌装置の設置
次亜塩素酸空間除菌装置を各院内に設置し、院内空気を清浄化しております。
当院の次亜塩素酸は人体に無害な噴霧専用タイプを使用しております。


⑤院内の通気および換気
院内が密閉空間とならないように、正面入り口の扉や、スタッフ出入口を定期的に開放しております。また、状況により診察室の扉を開放して、診療を行っております。

メルマガ

ホンド動物病院のメールマガジンをリニューアルしました!当院からのお知らせやキャンペーン情報など、随時更新致します。登録は「QRコードをスキャン」
あるいは「p-hondo@lifetail-mail.comへ空メールを送信」で簡単に登録できます。登録時には特典も付きますので、お気軽にご登録下さい!


パピークラス開催日時

パピークラス開催日時

パピークラスは、4回セットのクラスになります。現時点で以下の日程でクラスを予定しております。日程は随時更新されていきますので、ご都合がつかない日がある場合はご相談下さい。詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。

新型コロナウイルスの感染状況により延期・中止の判断をする場合があります。

場所:豊玉病院

開催予定日:

1 9/18()
2 9/24()
3 10/1()
4 10/8()


※しつけインストラクター天川は現在育休中の為、クラスは動物看護師 佐藤・利根川が担当致します。

ご予約の締切日は各クラス開催の2日前となります。
予約制となりますので、スタッフまでご相談下さい。

電話予約は、春日町病院:03-5971-3033までお問い合わせください。

ページの先頭へページの先頭へ

診察時間案内



4月8日より当面の間、予約診療とさせて頂き、平日・土曜の最終診療受付を18:00までとさせて頂きます。診療をご希望の方は、事前に電話にてご連絡下さいますようお願い致します。
詳しくはコチラを御覧ください。

土曜・日曜・祝日も診療をしています。
休診日:豊玉病院は月曜日、春日町病院は水曜日、石神井病院は金曜日です。



日曜午後診療について(石神井病院)
当面の間、日曜午後の診療を行います。但し、緊急手術や急患の対応により、
午後の診療時間は変更または休診の可能性がございます。必ずお電話でご予約の上、ご来院下さい。
休診日:豊玉病院は月曜日、春日町病院は水曜日、石神井病院は金曜日です。
※受付時間は、平日 (月曜日~土曜日、休診日を除く)8:45~11:45、15:45~18:45、日曜日・祝日8:45~12:45です。
 受付時間内にご来院下さい。

ページの先頭へページの先頭へ

院長診察日





院長の午前の診察は10時以降となります。
院長診察をご希望の方は、豊玉病院をご利用下さい。
学会参加などにより不定期に不在になる事がございますので、御希望の獣医師がいらっしゃる場合は、ご来院前にお問い合わせ頂くようお願い申し上げます。
※春日町病院副院長の土肥は水・日曜日、石神井病院副院長の臼井は月・金曜日にそれぞれお休みを頂いております。院長、土肥、臼井以外のスタッフの出勤日に関しましてはお気軽にお問い合わせ下さい。

ページの先頭へページの先頭へ

救急・急患について

夜間動物救急との提携で、365日対応致します。
夜の散歩中に愛犬が交通事故にあってしまった、真夜中に愛猫が吐き気をもよおし、ぐったりしてしまった等、緊急の際は下記の夜間動物救急へ御連絡下さい。

◎夜間動物救急(往診専門) 03-5941-2552もしくは03-5346-7338 (午後8:00~午前3:00)

◎どうぶつの総合病院夜間診療部 048-229-7299 (午後9:00~午前3:00)
 埼玉県川口市石神815
どうぶつの総合病院


ページの先頭へページの先頭へ


ホンド動物病院の特徴

手術の様子当院の獣医師、看護師は大学の研究室や様々な研究会に所属し、それぞれの専門分野を追求しながら日常診療に当たっております。また、アメリカ、ヨーロッパの整形外科学会やセミナーに参加し外科専門医よりトレーニングを受けた経験を生かし、様々な手術に対応しております。膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂、骨折整復手術、椎間板ヘルニア、股関節形成不全、消化管内視鏡検査・処置、心臓・腹部超音波検査等は、地域の動物病院からの紹介症例も含め、数多くの治療実績があります。今後も技術の追求のみならず、思いやりのある診療を実践して参ります。


当院の動物看護師の特徴

当院に務める動物看護師の特徴をご紹介致します。


全ての動物看護師
○4年制大学を卒業しています(日本獣医生命科学大学、帝京科学大学)
○動物看護師統一認定機構による認定動物看護師の資格を取得しています
○それぞれが専門分野(しつけ、リハビリテーション、デンタルケア、シニアケア等)を持ち、業務を担当しています

一部の動物看護師
○ロイヤルカナンのフードアドバイザー資格を取得しています
○大学の研究生となり、定期的に学会発表を行っています
○日本獣医生命科学大学において講義や実習講師を担当しています

以上のように、専門分野を深め、より質の高い情報やサービスを提供できるよう努めております。今後も、獣医師と連携を取り、より皆様に安心してご利用いただける病院を目指して参ります。ご心配な事がございましたらお気軽にお声掛けください。

外科・各種整形外科
手術の様子手術の様子
骨折整復骨折整復
膝蓋骨脱臼膝蓋骨脱臼
前十字靭帯断裂前十字靭帯断裂
その他の整形外科疾患その他の整形外科疾患
関節鏡関節鏡
股関節疾患股関節疾患
跛行診断跛行診断
神経外科神経外科
腫瘍外科腫瘍外科
軟部外科軟部外科
避妊・去勢避妊・去勢
体に糸を残さない手術体に糸を残さない手術
リハビリテーションリハビリテーション
内科
循環器科循環器科
消化器科消化器科
腫瘍内科腫瘍内科
内分泌科内分泌科
神経内科神経内科
内視鏡内視鏡
腎臓内科腎臓内科
こいぬ科こいぬ科
こねこ科こねこ科
シニア科シニア科
歯科歯科
眼科眼科
皮膚科皮膚科
麻酔科麻酔科
PRP療法(多血小板血漿療法)PRP療法(多血小板血漿療法)
獣医師の先生方へ獣医師の先生方へ
PRP療法(多血小板血漿療法)PRP療法(多血小板血漿療法)
スタッフインタビュスタッフインタビュ







ホンド動物病院は「JAHA」認定病院です






Instagram
Instagramはじめました。


Instagram


動物取扱業登録番号
詳しくはコチラから

  • 第003515(豊玉病院)
  • 第003517(春日町病院)
  • 第004050(石神井病院)