病院理念 アクセス スタッフ 外科 内科 パピークラス 求人情報

麻酔科

・動物は人と異なり、手術のみでなくCTやMRI、内視鏡などの検査の際も全身麻酔が必要なことが多く、その安全性を高めることはとても重要です。当院では、全身麻酔と局所麻酔、鎮痛剤を併用するバランス麻酔を取り入れ、より安全で負担のない方法で麻酔処置を行っています。
・麻酔を行う際は、麻酔担当のスタッフが呼吸や心拍数などの項目をモニタリングし、異変があればすぐに対応できるようにしています。避妊・去勢手術など、短時間の手術においても、しっかりとした鎮痛を行い、より安全な麻酔方法を用いて手術を行っています。

担当獣医師:白石春奈

酪農学園大学獣医学群獣医学科
伴侶動物医療分野麻酔学ユニット出身
山下和人教授のもと、麻酔薬と鎮痛薬の併用における麻酔薬の用量変化に関する研究を行う
東京農工大学外科学教室第二種研修医

局所麻酔

全身麻酔と併用して局所麻酔を使用することで、全身麻酔の投与量を減らすことができるため、麻酔の安全性が高まります。

・末梢神経ブロック
手術によって痛みを感じる神経の周囲に麻酔薬を投与することで、効果的に鎮痛を行うことが可能です

・浸潤麻酔
手術部位(皮下や皮内)に局所麻酔薬を投与することで鎮痛を行います

術後疼痛管理

手術の内容によって痛みの程度や持続は様々です。痛みは、動物にとっても大きなストレスとなり、術後回復の妨げとなります。症例に合わせて、適切な薬剤を用いることで動物たちのストレスを軽減できます。

Pain Control

言葉を離せない動物では、痛みの評価がとても重要です。行動や表情、食欲など、動物をよく観察し、痛みの程度を推測・評価して、最適な鎮痛方法を選択します。

 痛みには様々な種類があります。そのため、
  ・痛みを感じる前から鎮痛剤を使用し、痛みを和らげる「先制鎮痛」
  ・作用の異なる鎮痛薬を併用する「マルチモーダル鎮痛」
 などを状態に合わせて使用します。

痛み止めの種類も様々あります。


  ・注射薬:即効性があり、お薬が飲めない時にも使用できます
  ・経口薬:ご自宅で服用させることができます
  ・坐薬:お薬が飲めない時にも使用できます
  ・パッチ:皮膚に張るタイプのお薬です
       約3日間持続します


症例

避妊・去勢手術/軟部外科手術/整形外科手術/口腔外科手術

先制鎮痛・鎮静薬などを併用することで、吸入麻酔薬の用量を少なく管理していきます。術創には浸潤麻酔を行い、痛みを和らげていきます。
予測される痛みの程度に合わせ、術後も持続的に鎮痛剤を使用することもあります。
整形外科の手術では特に痛みが大きいことが予測されるため、慎重に鎮痛薬を選択していきます。
 

心臓病の症例

心臓病を抱えている=手術ができない(麻酔をかけられない)というわけではありません。
まず心臓病の種類と重症度を把握します。手術の内容と、それに伴う痛みの程度を予測し、その子にとって最適な麻酔薬・鎮静薬の組み合わせを検討し、手術・麻酔計画を立てます。
必要に応じて強心剤の持続投与や、昇圧剤を使用します。
 

ページの先頭へページの先頭へ

外科・各種整形外科
手術の様子手術の様子
骨折整復骨折整復
膝蓋骨脱臼膝蓋骨脱臼
前十字靭帯断裂前十字靭帯断裂
その他の整形外科疾患その他の整形外科疾患
関節鏡関節鏡
股関節疾患股関節疾患
跛行診断跛行診断
神経外科神経外科
腫瘍外科腫瘍外科
軟部外科軟部外科
避妊・去勢避妊・去勢
体に糸を残さない手術体に糸を残さない手術
リハビリテーションリハビリテーション
内科
循環器科循環器科
消化器科消化器科
腫瘍内科腫瘍内科
内分泌科内分泌科
神経内科神経内科
内視鏡内視鏡
腎臓内科腎臓内科
こいぬ科こいぬ科
こねこ科こねこ科
シニア科シニア科
歯科歯科
眼科眼科
皮膚科皮膚科
麻酔科麻酔科
PRP療法(多血小板血漿療法)PRP療法(多血小板血漿療法)
獣医師の先生方へ獣医師の先生方へ
PRP療法(多血小板血漿療法)PRP療法(多血小板血漿療法)
スタッフインタビュスタッフインタビュ







ホンド動物病院は「JAHA」認定病院です






Instagram
Instagramはじめました。


Instagram


動物取扱業登録番号
詳しくはコチラから

  • 第003515(豊玉病院)
  • 第003517(春日町病院)
  • 第004050(石神井病院)